ビジネス

経営者的視点から考えるリモートワークのメリット

2020年2月頃からコロナで世の中が一変しました。今まで当たりまえのように通っていた学校や会社に行けなくなり、自宅で仕事をしたりオンラインで授業を受ける事が余儀なくされました。こうした生活も2年以上がたち、リモートで会議する事が当たり前になってきました。

コロナ初期の頃は多くの会社が取り入れたリモートワークですが、今でもリモートワークをしている会社もありますが、少なくない数の会社は現場に戻すような動きがあります。弊社は基本的にフルリモートで、どうしても集まる必要がある時以外は自宅やカフェなど好きなところで仕事ができるようなスタイルしにています。

経営者的視点でリモートワークを考えると、メリットとデメリットがありますが、僕個人的にはメリットの方が大きいです。僕の懇意にしている会社の社長は、リモートワークにすることによって年間3000万円以上の経費削減が出来たと言っていました。

一番大きいのが社員の交通費です。100人の社員が月2万円の交通費がかかると月200万円、年間で2400万円もの経費削減になります。2400万円の経費削減とは、2400万円の利益を出すことと同じです。利益2400万円ってかなりの金額になります。利益率20%の会社の場合、1.2億円の売上が必要です。

交通費の次に大きいのが、オフィスの地代です。100人規模の社員が働く場合、東京都心であれば家賃200万円以上は普通です。それが基本リモートになるので今までの半分以下のサイズのオフィスで十分になります。家賃が200万円から100万円になっただけで年間1200万円の経費削減です。

社員の交通費と家賃減額分で年間3600万円の経費削減になるのです。今まで当たりまえだと思っていたことが当たり前ではなかったという事です。今後さらなるIT化や効率化を図ることによって、さらなる経費削減ができるようになるでしょう。

コロナの影響で売上が伸び悩んでいる企業もたくさんありますが、そんな時こそこうした効率化を図ることによって会社の利益率を上げる事が出来るのだと思います。Think outside the box!

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 屋外でのマスク着用について

  2. 経営者的視点から考えるリモートワークのメリット

  3. 大人が英語を学ぶ場合は断捨離が必要!

  4. 春になったからバイクに乗りたい

  1. 屋外でのマスク着用について

  2. 経営者的視点から考えるリモートワークのメリット

  3. 大人が英語を学ぶ場合は断捨離が必要!

  4. 春になったからバイクに乗りたい

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP